東方神起ファンサイト * My Destiny *   CD・DVD・写真集・雑誌・グッズ リスト   東方神起スケジュール   東方神起チケットCLUB

 2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

「画像、映像などの著作権物の取り扱い」について

2007年12月04日(火)

「画像、映像などの著作権物の取り扱いについて」です。

歌詞・楽曲の他、写真や動画にも、著作権や肖像権があります。
著作権というのは、権利者から訴えられて、初めて犯罪かどうかが問われることになるのです。
アーティスト(権利者)にとって不利益になることや、著しく何かを損なったり名誉毀損など損害をこうむったと権利者が判断すれば、訴えられ、裁判に持ち込まれることになります。
でも、訴えられなければ何をしてもいいということでなないと思うのです。
著作権や肖像権は違反者を裁くものではなく、対象となるものを守るためにあるものです。
彼らのことを思うなら、守るのがファンの勤めだと思うのです。
それは、モラルの問題じゃないかなぁ?

たとえば、音源やPV(プロモーションビデオ)、MV(ミュージックビデオ)をUPしたとします。
それを聴いた人は「ここで聴けるなら、ここでDLできるなら、もうCDは買わなくてもいいや!」と思うかもしれません。
法的に訴えられないまでも、不利益にならないかな?

音源、映像などは彼らだけでなく、楽曲を提供してくださってる作曲家、作詞家、レーベル他関係の方などの著作権にも影響します。
画像に関しても、雑誌社をはじめとするメディアやカメラマンの著作権、タレント本人の肖像権なども関わってきます。
また、TV映像にも著作権があるので無断でUPすることだけでなく、ダビング依頼することも著作権に関わってきます。

東方神起のことをもっと知りたい!もっと楽しく自由に語り合いたい!彼らもことをもっとたくさんの人に知ってもらいたい! という気持は誰もが持っています。
でも、法的制裁を受けなければ何をしてもいいという自由ではなくて、モラルをもった自由の中で楽しむことが大切なんじゃないかなと思うのです。

公的に使用許可が得られれば別ですが、そうではない現状において、守らなければならないことがあるということをわかってください。


【当サイトにおいての著作権物の取り扱いについて】

当サイトにおいて、日本だけに限らず韓国でも規制されている音源、歌詞(訳詞を含む)、TV映像、PV、画面キャプチャ、写真などのファイルUPは、原則的に許可しません。

アーティストの歌詞・楽曲などは、全て、権利者の許諾を得ることなしに、自由に使用することは許されていません。
当サイトで使用している音源は、JASRACの承諾を得、著作権使用料の支払いをしています。

当サイトに掲載されている画像・写真・記事の権利は、東方神起に帰属するもので、その権利を侵害するものではありません。サイト内の著作物は、アーティストをサポートするという大基本のポリシーの上で、全てがアーティストにとって「利益となる」「アーティストをサポートする」ために正しく機能しているものと捉えています。


歌詞・楽曲の他、写真や動画にも、著作権や肖像権があります。
著作権というのは、権利者から訴えられて、初めて犯罪かどうかが問われることになるのです。アーティスト(権利者)にとって不利益になることや、著しく何かを損なったり名誉毀損など損害をこうむったと権利者が判断すれば、訴えられ、裁判に持ち込まれることになります。でも、訴えられなければ何をしてもいいということにもなりません。
またアーティスト画像などは、肖像権の侵害になります。
「アーティストの画像を無断で使用するのは違反である。」という認識を持たなければならないと思います。

東方神起に出会うまで邦楽しか聴いたことがなかった私は、韓国サイトに氾濫している画像や映像を見て、驚きました。韓国は、日本以上にネット社会なので、ネットで取り上げられ話題になることで、そのアーティストの宣伝になり利益になる、という考えもあって、事務所側がこのことについて厳しく取り締まってこなかったようです。
私がブログを始めたころは、韓国のサイトにはTV映像やFanCamの映像が溢れ、「韓国のものならUPしても大丈夫。」という甘い認識でブログにも貼ったりしていました。
でも、最近では、韓国でも韓国3大ネットワークのテレビ局をはじめ、著作権に関してかなり厳しくなり、処罰が与えられるようになってきています。

このような現状をふまえ、今後は、著作権に関する認識を新たにし、サイトの改善に取り組んで行きたいと思っています。著作権とは 罰する為にあるものではなく、対象を守るためにあるものだから・・・彼らを大切に思うなら、守るべきだと考えています。



なお、著作権に関しては、ここで説明しきるようなものではないので、avex、JASRACのサイトなどで各自でご覧ください。


avex network「ファンサイトの制作・サイトでの著作物使用について」
avex network「サイトへのリンクについて」
社団法人日本音楽著作権協会 JASRAC
インターネットデジタル著作権
雑誌のタレント写真を個人のホームページへ掲載してもいいの?

「ネットマナー」について
「画像、映像などの著作権物の取り扱い」について
「掲示板・コメントの書き込み」について
関連記事

テーマ : ★☆★東方神起☆★☆ - ジャンル : 音楽

12:30  |  サイトポリシー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tomydestiny.blog27.fc2.com/tb.php/928-4f1b28e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。