東方神起ファンサイト * My Destiny *   CD・DVD・写真集・雑誌・グッズ リスト   東方神起スケジュール   東方神起チケットCLUB

 2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

GiGS 4月号増刊 MUSIQ? SPECIAL OUT OF MUSIC Vol.7

2010年02月18日(木)

MUSIQ? SPECIAL OUT of MUSIC (ミュージックスペシャル アウトオブミュージック) Vol.7 2010年 04月号

MUSIQ? SPECIAL OUT of MUSIC (ミュージックスペシャル アウトオブミュージック) Vol.7 2010年 04月号 [雑誌]

出版社: シンコ-ミュ-ジック

発売日: 2010/2/25

「東方神起」の10,000字特集!


おなじみの10000字特集です。

まず冒頭には、まるで私の経験を書いてくれてるような「東方神起の音楽との出合い」が書き綴られています(^-^)

アルバムの曲を聴くと、その時その時の情景が蘇ってその時の自分の気持ちや季節まで思い出されてきます。
音楽は記憶とつながってるということが実感できますね。

特に「明日は来るから」を聴くと胸が熱くなって自然に涙があふれてきます。
私が初めて東方神起に出会った曲だということでもあり
今、彼らに一番届けたい曲でもあり、自分自身の胸に言い聞かせてる曲でもありでもあるから・・・

「どんなに闇の深い夜でも 必ず明日は来るから・・・」

この作曲者の妹尾さんもブログで「友人が落ち込んでいるときに共に泣き、励ましあってできた曲」というエピソードを紹介されてましたね。

MUSIQ? SPECIAL OUT of MUSIC Vol.7の記事の中にも、
曲の一番の見せ場である、クライマックスでジュンスが「はるかな~」というフレーズを力いっぱい歌い、それに呼応するように「宇宙の片隅にいて想いをはせる」と、4人のコーラスが優しく包み込むところのハーモニーは、はまるで天から降り注ぐ祝福のようだ。と書かれれてます。

5人がそれぞれセレクトした曲に対する想いも興味深い内容です。


とても中身の濃い内容なので、是非、ベストアルバムを聴きながら読んでみてくださいね。



【表紙・巻頭】
BIG BANG
ELECTRIC LOVE TOUR 2010 詳解レポート

東方神起:ベストアルバムリリース10,000字
w-inds.:今演りたい音楽を演った…新境地に立つ3人、最新アルバムロングインタビュー
GACKT :再考、2010年への期待
加藤和樹:新たな一面を見せていく…待望の最新シングル、ロングインタビュー
SUGIZO:怒涛の連続リリース、その胸の内。ロングインタビュー
LM.C  :不思議中毒…最新アルバム、ロングインタビュー

+Plus
矢住夏菜
関連記事

テーマ : ★☆★東方神起☆★☆ - ジャンル : 音楽

14:01  |  Magazine 情報  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tomydestiny.blog27.fc2.com/tb.php/1869-feaadf13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。